今までLinux Mint MATE 17.3 32bit版を使用していたパソコンに、2016年にリリースされた、Linux Mint MATE 18 64bit版をインストールしてみました。

ところがインターネット接続がおかしくてソフトのインストールはできないは、アップデートはうまくできないはWebページは正常に表示されないはと、エラーが頻発して困り果てておりました。これは失敗したかなと思い元に戻そうとしたのですが、なんとか解決に至ったのでメモを残しておきます。

ネット接続環境は以下のようです。

Ethernet有線接続、IP4接続方式:自動(DHCP)

PCのアドレスをDHCPサーバから自動で取得する、つまりインストールしたままの設定です。さんざん調べまくったらどうやら、この状態ではDNSサーバの設定に問題があることがわかりました。DNSサーバが適切に設定されていないため、ネット接続でエラーを吐きまくるようです。

対処法としてまず手動でDNSサーバの指定をします。まずメニューからコントロールセンターを開きましょう。

コントロールセンターの「システム管理」という項目からNetworkを開きます。ネットワーク設定が起動したら「DNS」タブを選択します。

次にDNSサーバを追加します。ウインドウ下の「Unlock」ボタンをクリックして、管理者権限で編集します。(パスワードの入力を求められるのでログインパスワードを打ち込みます)

大抵はルーターのIPアドレスを入力すればOKだと思います。

例 192.168.1.1  

 これでネットワーク関連のエラーは無くなりますが、PCを再起動すると設定がリセットされてしまい元の状態に戻ってしまいます。これはOSをインストールしたままの初期状態だと、dnsmasqというコマンドを使用する設定になっているため、こいつがDHCPサーバから割り振られた(先ほど手動で設定したアドレス)DNSサーバの設定を上書きしてしまうため問題が解決しないようです。

そこでdnsmasqを使用しないように設定し直せばいいわけです。その方法ですがまずNetworkManager.confというファイルを見つけます。端末を起動して以下のディレクトリに移動してください。

$ cd /etc/NetworkManager/
$ ls
NetworkManager.conf  VPN  conf.d  dispatcher.d  dnsmasq-shared.d  dnsmasq.d  system-connections

このNetworkManager.confを編集してdnsmasqをコメントアウトします。必ず管理者権限でテキストエディタを起動してください。ここではvimエディタを使用する例をあげておきます。

$ sudo vim NetworkManager.conf

ファイルを開いたら以下のように「dns=dnsmasq」という項目の先頭に「#」と入力してコメントアウトします。

[main]
plugins=ifupdown,keyfile,ofono
#dns=dnsmasq (※行頭に#と入力してコメントアウトする)

[ifupdown]
managed=false

以上の変更をしてPCを再起動させます。設定がきちんと反映されているかどうか念の為に確認。再び端末を開いて以下のコマンドを打ちます。

$ cat /etc/resolv.conf

# Dynamic resolv.conf(5) file for glibc resolver(3) generated by resolvconf(8)
#     DO NOT EDIT THIS FILE BY HAND -- YOUR CHANGES WILL BE OVERWRITTEN
nameserver 192.168.1.1
search flets-east.jp iptvf.jp

nameserverが設定したものと同じになっていますね。これで成功です。因みにIP6のアドレスが追加されている場合もありますが、問題ない様子です。GUIで確認したい場合は先程のコントロールセンターからNetwork設定を開きDNSサーバの一覧を参照してください。

2017-01-07