スマホの画面をメモ代わりに保存することよくありませんか?iPhoneだと電源ボタンとホームボタンを同時押しすると、スクリーンショットが撮れます。ただこれ言うのは簡単なのですが、やってみると結構な確率で失敗します。

そこで今回はiPhoneの「Assistive Touch」という機能を有効にして、スクリーンショットを簡単に撮る方法をメモしておきます。おまけ機能も紹介するのでそちらも参考にしてみてください。

※この「Assistive Touch」機能でメニューをカスタマイズできるのはiOS9以降です。

ではiPhoneのホーム画面から「設定」を立ち上げ、「一般」の項目をタップし、さらに「アクセシビリティ」を開いてください。そこから「Assistive Touch」をタップして開きます。

screen01
Assistive Touchを開く

次に「Assistive Touch」をオンにします。オンにしたら次に「最上位メニューをカスタマイズ…」という項目をタップして開いてください。

screen02
「最上位メニューをカスタマイズ…」を開く

初めて開くと下の図のように6つのアイコンが輪になって並んでいます。これを一旦削除するため、下の「-(マイナスボタン)」をタップして一個ずつ消して行きます。

screen03
アイコンを消してゆく

そして最終的に「カスタム」というアイコンひとつだけを残した状態にします。
screen04
カスタム一つだけを残す

次に一つだけ残ったカスタムアイコンをタップしてください。すると割り当てられる様々な機能の一覧が出てきますので、その中から「スクリーンショット」を探して選択し、画面右上の「完了」をタップしてください。これで「カスタム」アイコンが「スクリーンショット」に変わっていると思います。
screen05
機能を選択する 

ここでちょっとおまけです。この画面で今度は「+プラス」ボタンを押して、もう一つ「カスタム」アイコンを作ってみましょう。そして同じ要領で「ホーム」機能を割り当ててみてください。

最終的に下の図のようになれば設定は完了です。なぜ「ホーム」という疑問があるかもしれませんが、これ有効にしておくと物理ボタンの「ホームボタン」を押す回数を、大幅に減らすことができるからです。
screen06

「ホーム」と「スクリーンショット」を設定した

※もっと他の機能を追加したい場合は、同じことを繰り返してアイコンを増やせばいいわけです。ですが今回はシンプルに2つだけに機能を絞りました。

設定が完了したらホーム画面に戻ります。すると下図のようなアイコンが出現します。これは上下左右どこにでも動かすことができますが、どこに動かしても画面の隅に張り付きます。
screen07
丸ボタンが出現 

使い方は簡単です。丸ボタンをタップすると先ほど設定した機能アイコンが出てくるので、スクリーンショットを撮りたければそのアイコンをタップ、ホームアイコンをタップすればホーム画面に戻ります。

ちなみにこの「ホーム」アイコンはワンタップでホーム画面に戻り、二度押しすると起動中のアプリ一覧画面に行きます。さらに押し続けるとSiriが立ち上がります(Siriを有効にしておいた場合)。つまり本物のホームボタンと同じ役割をしてくれるわけです。

2016-06-01