長年パソコンを使っていると愛用のソフトというものができます。手に馴染むというか、さくさく作業ができてもう手放せないようなツール。今この文章を書いているテキストエディタ「xyzzy」もそんなソフトのひとつです。

そしてVixという画像ビューワーもむくまる愛用のソフトであります。ブログにアップする画像の管理やデジカメで撮影した画像のリサイズなど、殆どVixを使って行なっています。

しかしこのソフトは開発が終了しており、作者のK_OKADA氏のサイトも何かの事情があったのでしょうが無くなってしまいました。そこで今回はVixの最終バージョンを、ソフトの配布条件に基づいて再配布することにしました。

まあ、Vectorや窓の杜などでまだダウンロードできるので、今さらここで再配布しなくてもいいのでしょうが、ずっと愛用してきたソフトだし、もっと多くの人に使ってもらいたいので改めてここで紹介し再配布します。

VixとはWindowsのエクスプローラーに似たインターフェイスを持つ画像閲覧ソフトです。また画像以外のファイルもアイコン表示されるので、エクスプローラーの代わりに使うことも可能です。

bd2af319.jpg

Vixのメイン画面

画像の閲覧、ファイルの名称変更、フォルダやファイルのドラック&ドロップによる移動、コピーなどが簡単に出来ます。

画像ファイルに関してはトリミング、リサイズ、減色、色調補正、回転などの編集を行うことができます。詳しい設定方法や使い方などは過去記事(1)と、過去記事(2)を参照して下さい。

手元の環境で動作テストを行ったところWindows XP、Windows7(32bit/64bit)で問題なく動作しています。またWindows8 RP版でも動作しましたのでまだまだ長く使えるソフトだと思います。

さて再配布にあたって「使用条件及び配布条件」という文章がREADME.TXTにあったので、念の為にここで引用しておきます。

使用条件及び配布条件(Vix添付のREAD.MEファイルより抜粋)
--------------------------------------------------------------------------
・作者及び、ViXを配布するすべての者(以下、「作者等」といいます)は、ViXの
使用、または使用不能によって生じたあらゆる損害について、いかなる責任も負
いません。作者等が、そのような損害が発生する可能性について事前に知らされ
ていた場合でも同様です。
・作者等は、ViXについてのサポート、保証、障害の修正やバージョンアップの継続
等のいかなる義務も負いません。
・以上に同意する限り、個人利用・社内利用・営利目的・非営利目的を問わず、
ViXの使用は自由です。
・実費以上の金銭授受を伴わず、ファイルの内容及び構成を改変しない限り、再配
布は自由であり、作者への連絡・許諾等を得なくても行えます。
・ViXの紹介及び作者のホームページへのリンクは自由であり、作者への連絡・許諾
等を得なくても行えます。
・以上にいう「ViX」とは実行ファイルだけでなく、ヘルプや添付文書も含むすべて
の構成ファイルのことです。


とのことです。

なお私、むくまるは作者のK_OKADA氏とは何の関係もございません。

ダウンロードはこちらからどうぞ。

ダウンロードしたらファイルを解凍して、出てきたフォルダを任意の場所に置きます(C:\Program Files(X86)内に置くのがいいでしょう)。以上でインストールは完了です。必要に応じてスタートメニューに登録して下さい。あとはVix.exeをダブルクリックして起動するだけです。