むくまるのパソコン寺子屋

比較的簡単なパソコン関連の記事を扱っています。WindowsやLinux、AndroidのソフトやTipsの紹介など。

Linux Mint MATE 18でインターネット接続がおかしい時の対処法

今までLinux Mint MATE 17.3 32bit版を使用していたパソコンに、2016年にリリースされた、Linux Mint MATE 18 64bit版をインストールしてみました。

ところがインターネット接続がおかしくてソフトのインストールはできないは、アップデートはうまくできないはWebページは正常に表示されないはと、エラーが頻発して困り果てておりました。これは失敗したかなと思い元に戻そうとしたのですが、なんとか解決に至ったのでメモを残しておきます。

ネット接続環境は以下のようです。

Ethernet有線接続、IP4接続方式:自動(DHCP)

PCのアドレスをDHCPサーバから自動で取得する、つまりインストールしたままの設定です。さんざん調べまくったらどうやら、この状態ではDNSサーバの設定に問題があることがわかりました。DNSサーバが適切に設定されていないため、ネット接続でエラーを吐きまくるようです。

対処法としてまず手動でDNSサーバの指定をします。まずメニューからコントロールセンターを開きましょう。

コントロールセンターの「システム管理」という項目からNetworkを開きます。ネットワーク設定が起動したら「DNS」タブを選択します。

次にDNSサーバを追加します。ウインドウ下の「Unlock」ボタンをクリックして、管理者権限で編集します。(パスワードの入力を求められるのでログインパスワードを打ち込みます)

大抵はルーターのIPアドレスを入力すればOKだと思います。

例 192.168.1.1  

 これでネットワーク関連のエラーは無くなりますが、PCを再起動すると設定がリセットされてしまい元の状態に戻ってしまいます。これはOSをインストールしたままの初期状態だと、dnsmasqというコマンドを使用する設定になっているため、こいつがDHCPサーバから割り振られた(先ほど手動で設定したアドレス)DNSサーバの設定を上書きしてしまうため問題が解決しないようです。

そこでdnsmasqを使用しないように設定し直せばいいわけです。その方法ですがまずNetworkManager.confというファイルを見つけます。端末を起動して以下のディレクトリに移動してください。

$ cd /etc/NetworkManager/
$ ls
NetworkManager.conf  VPN  conf.d  dispatcher.d  dnsmasq-shared.d  dnsmasq.d  system-connections

このNetworkManager.confを編集してdnsmasqをコメントアウトします。必ず管理者権限でテキストエディタを起動してください。ここではvimエディタを使用する例をあげておきます。

$ sudo vim NetworkManager.conf

ファイルを開いたら以下のように「dns=dnsmasq」という項目の先頭に「#」と入力してコメントアウトします。

[main]
plugins=ifupdown,keyfile,ofono
#dns=dnsmasq (※行頭に#と入力してコメントアウトする)

[ifupdown]
managed=false

以上の変更をしてPCを再起動させます。設定がきちんと反映されているかどうか念の為に確認。再び端末を開いて以下のコマンドを打ちます。

$ cat /etc/resolv.conf

# Dynamic resolv.conf(5) file for glibc resolver(3) generated by resolvconf(8)
#     DO NOT EDIT THIS FILE BY HAND -- YOUR CHANGES WILL BE OVERWRITTEN
nameserver 192.168.1.1
search flets-east.jp iptvf.jp

nameserverが設定したものと同じになっていますね。これで成功です。因みにIP6のアドレスが追加されている場合もありますが、問題ない様子です。GUIで確認したい場合は先程のコントロールセンターからNetwork設定を開きDNSサーバの一覧を参照してください。

2017-01-07

Firefox 50.0 for Linux で動画が再生できないときの対処法

Firefox for Linux のバージョンが50.0に上がりましたが、以下のようなメッセージが表示されて一部の動画が再生できないようです。

libavcodev may be vulnerable or is not supported, and should be updated for play video

対処法は幾つかあるようなのですが、とりあえず一番簡単そうなものをメモしておきます。

まず新規ウインドウを開き、アドレスバーに「about:config」と入力します。

※ここで「動作保証対象外になります」と言う警告が出ると思いますが、「危険性を承知の上で使用する」というボタンをクリックして次に進みます。

色んな項目がずらずらと出てきますが、検索ボックスに次の項目を貼り付けて該当する設定を表示させます。

media.libavcodec.allow-obsolete
状態が「初期設定値」、値が「false」になっていることを確認します。

次に設定をダブルクリックして状態を「ユーザー設定」、値を「true」に変更してください。

以上の作業を完了したら「about:config」のタブを閉じてFirefoxを再起動させます。すると動画が再生できるようになっていると思います。

ひとつ注意点ですがこの方法だとセキュリティ設定に穴を開けることになるので、あくまで自己責任で行ってください。

以上です。

2016-11-27

 

iPhoneでスクリーンショットを簡単に撮る方法

スマホの画面をメモ代わりに保存することよくありませんか?iPhoneだと電源ボタンとホームボタンを同時押しすると、スクリーンショットが撮れます。ただこれ言うのは簡単なのですが、やってみると結構な確率で失敗します。

そこで今回はiPhoneの「Assistive Touch」という機能を有効にして、スクリーンショットを簡単に撮る方法をメモしておきます。おまけ機能も紹介するのでそちらも参考にしてみてください。

※この「Assistive Touch」機能でメニューをカスタマイズできるのはiOS9以降です。

ではiPhoneのホーム画面から「設定」を立ち上げ、「一般」の項目をタップし、さらに「アクセシビリティ」を開いてください。そこから「Assistive Touch」をタップして開きます。

screen01
Assistive Touchを開く

次に「Assistive Touch」をオンにします。オンにしたら次に「最上位メニューをカスタマイズ…」という項目をタップして開いてください。

screen02
「最上位メニューをカスタマイズ…」を開く

初めて開くと下の図のように6つのアイコンが輪になって並んでいます。これを一旦削除するため、下の「-(マイナスボタン)」をタップして一個ずつ消して行きます。

screen03
アイコンを消してゆく

そして最終的に「カスタム」というアイコンひとつだけを残した状態にします。
screen04
カスタム一つだけを残す

次に一つだけ残ったカスタムアイコンをタップしてください。すると割り当てられる様々な機能の一覧が出てきますので、その中から「スクリーンショット」を探して選択し、画面右上の「完了」をタップしてください。これで「カスタム」アイコンが「スクリーンショット」に変わっていると思います。
screen05
機能を選択する 

ここでちょっとおまけです。この画面で今度は「+プラス」ボタンを押して、もう一つ「カスタム」アイコンを作ってみましょう。そして同じ要領で「ホーム」機能を割り当ててみてください。

最終的に下の図のようになれば設定は完了です。なぜ「ホーム」という疑問があるかもしれませんが、これ有効にしておくと物理ボタンの「ホームボタン」を押す回数を、大幅に減らすことができるからです。
screen06

「ホーム」と「スクリーンショット」を設定した

※もっと他の機能を追加したい場合は、同じことを繰り返してアイコンを増やせばいいわけです。ですが今回はシンプルに2つだけに機能を絞りました。

設定が完了したらホーム画面に戻ります。すると下図のようなアイコンが出現します。これは上下左右どこにでも動かすことができますが、どこに動かしても画面の隅に張り付きます。
screen07
丸ボタンが出現 

使い方は簡単です。丸ボタンをタップすると先ほど設定した機能アイコンが出てくるので、スクリーンショットを撮りたければそのアイコンをタップ、ホームアイコンをタップすればホーム画面に戻ります。

ちなみにこの「ホーム」アイコンはワンタップでホーム画面に戻り、二度押しすると起動中のアプリ一覧画面に行きます。さらに押し続けるとSiriが立ち上がります(Siriを有効にしておいた場合)。つまり本物のホームボタンと同じ役割をしてくれるわけです。

2016-06-01